感性のまま

感性

「2人は小さな事で笑い合えて羨ましい」
と友達が彼と私を見比べて言います。
彼と私は丁度、小さな事で笑い合い・はしゃぎあっていたのです。
普段は2人とも、大人の態度でいるだとか冷静沈着といわれることが多いのですが
彼と過ごす時間において私たちは子供のように振舞っていたと思います。
もちろん、意図的にそうあろうとしたわけではありません。
私たちはお付き合いをする時にこんな話をしたのです。
「自分たちは、どこか似ていて強がってしまったり、意地を張ってしまうところかあるから
そこで摩擦をして傷つけ合うのは止めよう。
そして、嬉しいこと・喜ばしいことに関しては、その感性のままに表現しよう」と。
生真面目すぎてしまうのが玉に瑕の2人らしい約束でした(笑)
私たちはこうして、自分たちの感性のままにポジティブな言葉を投げあうようになり
彼が表現する幸福や、私が彼に伝える愛情と言うものを感じあうことが出来るようになりました。
それが2人の中での素直さや無邪気さというものを生み出し
恋愛関係において、良いものとして作用してくれているのだと思います。
友達に呆れられるくらい、無邪気で小さな事ではしゃげるくらいの気持ちのままで彼との毎日を
少しずつ歩いていくことが出来たらと思っています。